仕事や学校などで帰宅が遅くなってしまって、明日着る予定だった洋服を受け取れなかったり、クリーニングに出したいシャツが溜まってしまったりして困ってると言う人、結構多いようです。

そんな時、24h開いているクリーニング屋あればいいのにと思うのですが、24時間営業しているクリーニング屋見かけたことがありません。

深夜までやっているスーパー内に併設しているクリーニング店でも20時頃には終わってますよね。

そこでオススメなのが、24hいつでも対応可能な宅配クリーニングの存在です。

早朝や夜間に回収・引き渡しをしてくれたり、宅配ボックスやコンビニから出すこともできるなど、24h、いつでも時間を気にせずクリーニングを出せるんです。

1回あたりにかかる料金や、保管期間、評判や実績など宅配クリーニングの選び方は状況やクリーニングに出すものによっても変わります。

長期保管を第一に希望するならイオングループのカジタク(最長9か月)、実績がある業者が良いという場合は創業56年のリナビスが良いでしょう。

また、クリーニングに出したいものが対応されているかというのもチョイスするポイントになるのではないでしょうか?布団や水着、靴などは受け入れ不可の業者もありますので、最初に、クリーニングに出せるかどうか確認してください。

その他のポイントとして、楽天やamazonからでも申し込めるかと言う点から比較してもいいですね。

今話題の宅配クリーニングの「リネット(Lenet)」!全国どこでも送料は0円で、最短で2時間後には集配に来てくれ、さらには最短翌日にお届けするという、簡単で便利、しかも圧倒的なスピードを誇るリネットの会員数は30万人を超え、アパレル系のブランドにも選ばれるほどです!リネット(Lenet)の使い方はとても簡単です。

予約をして渡すだけ!小さなお子さんがいても、出張先からでも問題ありません!家にいるだけであっという間にクリーニングに出せちゃいます!カジノ宅配KAJITAKUはイオングループの宅配クリーニングです。

15点パックは1点あたり1 000円です。

カジタクの宅配クリーニングの特徴は、全てを一律料金で綺麗にしてくれ、最長9ヶ月も保管してくれます。

自宅に回収に来てくれるので、洗濯物をお店に持っていく手間が省けます。

また、お届けから2週間以内であれば無料で再仕上をしてくれたり、くすみ・変色、カビ防止、帯電防止による花粉が付きにくい柔らか仕上げにしてくれるのです。

宅配クリーニングを使ってみたいけど、まずはお試しからという人も多いかと思います。

宅配クリーニングで今注目を集めているリネットは、初めて利用する方であれば全品50%OFF、さらに何点出しても送料無料、プレミアム会員費も初月無料となり、満足しなければ登録月で脱会してもOK、その上次回の利用料金が30%OFFという、初めて宅配クリーニングを使うという方にありがたい制度になっています。

年会費プランなら2400円分のパスが貰えるますので、月会費プランよりもっとお得になりますよ!そろそろ冬物のコートをクリーニングに出さなければと思っているけど、複数枚のコートをクリーニング店にまで持って行くのは大変、あるいは仕事の都合で持って行く時間が取れないといった方も多いかと思います。

クリーニングにお困りの方にオススメしたいのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングはスマホからネットで申し込むだけで配送屋さんが引き取りに来てくれます。

イオングループのカジタクならコートもダウンも一律1000円!町のクリーニング屋さんよりも低額ではないでしょうか。

最長9か月保管してくれますので、来シーズンまで保管しておくことも可能ですよ。

洋服を保管してくれる宅配クリーニングはいくつかありますので、どこの業者がよいか比較してみたいと思います。

熟練の職人が多いリナビスは、ボタンの修理や毛玉取りを無料でしてくれるほか、無料で6か月間衣類の保管してくれます。

洗宅倉庫は単品衣類なら1着500円、詰め放題なら10着まで1000円から保管することができ、最長で9か月間ほど管理・保管してくれます。

そめママは、24時間除湿と換気を完備した倉庫で保管してくれます。

保管期間は最長6か月です。

みなさんはどこの業者が気になりましたか?忙しいママを助けてくれるものといえば宅配クリーニング!どうしてママに使ってほしいのかというと、ズバリ、クリーニング店に出向く必要がなくなるということです。

お子さんが小さいと一緒に出掛けるのも大変ですよね。

しかも重い洗濯物を持って行かなければなりませんので尚更大変です。

ご主人のワイシャツをクリーニングに出すとなるとまとめてクリーニングに出しても週1回はお見せに行くことになってしまいます。

だからといって、自宅で毎日シャツにアイロンをかけるのも楽ではありません。

宅配クリーニングはわざわざお店に行かなくてよいですし、綺麗になったお洋服はお家に配送してくれますので楽チンです。

宅配クリーニングが気になっているよという方、ここで、宅配クリーニングの使い方をご紹介しますので、是非挑戦してみてください。

今回は口コミ評価の高いリネットの使い方を紹介します。

リネットHPにて予約フォームよりネット予約をします。

次に洗濯に出す衣類集めておき、配達員が自宅に来たら渡される箱に衣類を詰め配達員に渡します。

お洋服が工場に届き次第、即検品され料金が決定します。

その後、クリーニングされた衣服が自宅に戻され全て完了です。

リネットは最短で翌日には届けてくれる超速配達サービスというものがあります。

対象地域は限られていますが、急いでクリーニング出さなければいけないものがあるときには大助かりですね。

宅配クリーニングはシミ抜き対応してくれますかをお願いできるのでしょうか?と言う質問をよく耳にします。

シミ抜きサービスは基本無料で行っている業者が大半です。

ただし、シミによっては落ちづらいものもありますので、その場合はシミ抜きに特化した業者さんに依頼したほうが良さそうです。

また、せっかくクリーニングに出したのに、新しいシミが付着していたというケースもあるので、クリーニングに出す前に商品の状態を必ず確認してからクリーニングに出すようにしましょう。

そういった場合でも、再仕上無料という業者であれば綺麗にしみ抜きをしてくれます。

アマゾンで宅配クリーニングを申し込めるって知っていましたか?お店によっては申し込み方法が異なる場合がありますが、通常、洋服を入れる袋をアマゾンで購入し、袋の中に洗濯物を入れ送付するというシステムです。

最初に送られてきた送付物に送付先が記載された伝票も入っているので、後は洋服をいれて送付するだけというお手軽さと、アマゾンで気軽に申し込めるということが人気になっています。

アマゾンに登録されている商品によっては洗濯だけでなく、クリーニング+保管というサービスも行っている業者もあり、衣服がたくさんあって困っているという人にもお勧めです。

宅配クリーニングの需要はありますか?と問われたら絶対にあると答えるでしょう。

なぜあると言い切れるのかというと、クリーニング屋に行くのも難しい人がたくさんいるからです。

行けない理由は様々ですが、まず小さいお子さんがいるお母さん、地元にクリーニング屋が無い方、仕事が忙しくて開店している時間に行くことができない会社員の方、お店の人とのやりとりが面倒くさいという人、事情や理由は様々ですが、店舗に行かれない・行きたくないという人は多いことがお分かり頂けたかと思います。

最後になりますが、改めて宅配クリーニングの需要はある!ということをお伝えさせて頂きます。

宅配クリーニングの価格を比較するならアマゾンや楽天などの場合店舗ごとの値段が一同に表示されますので、簡単に比較することができます。

また複数の宅配クリーニング業者の価格を比較した口コミサイトやカカクコムなども比較するにはうってつけです。

ただし気を付けることもあります。

個人で運営しているような口コミでは、掲載されている情報が著しく古い場合がありますので公式HPで最新の情報を確認しておくことをおすすめします。

とっくに終わっているキャンペーンの広告が貼り続けられていることもありますので注意しましょう。

「グルーポン」というクーポンサイトを知っていますか?グルーポンにはレストランやエステなど日本中のあらゆるお店のクーポンがたくさん販売されており、なんと最大90%OFFになるクーポンも販売されているんですよ。

情報ツウな主婦が活用していると評判のグルーポンには、宅配クリーニングのクーポンも売っているんです。

販売されているクーポンの一部を紹介すると、「リネット」で利用可能な3000円OFFのクーポンを1000円で購入できるというクーポンや、洗濯便の布団2枚分通常料金17388円が、およそ半額の8500円になるクーポンなど通常よりもかなりお得な価格で利用できるクーポンが多数販売されていますので、是非ご活用ください。

宅配クリーニングのおすすめポイントは、わざわざクリーニング店に通わなくていいということです。

夏は出掛けるだけで汗だくです。

もちろん悪天候時に大荷物を持って出かけるのも一苦労。

小さい子供さんがいる家庭では家に小さい子供を置いておくわけにもいかないし、だからといって、連れてでかけるとぐずる可能性がありますよね。

サラリーマンの場合、シャツを自分で洗ってアイロンかけたりするなんていうのも大変ですし、お店が開いている時間に帰れるとも限りませんし、せっかくの休日の日にクリーニング屋さんに行くのも面倒ですよね。

関連ページ